西 暦 和  暦  歴 史   社  歴 
上    代 市杵嶋姫命・湍津姫命・田霧姫命の三女神 宇佐嶋に天降る
上   代 宇佐国造の祖天三降命が、天照大神の命を受けて天孫降臨供奉する
    201  応神天皇誕生 1月5日
270 応神天皇

元年

応神天皇即位する

  第15代天皇

誉田別命

310

 

571

 

 

 

欽明天皇

32

応神天皇 3月31日

大和大和豊明宮に崩ずる

八幡神の称号となる

748 天 平 20 東大寺、八幡神を勧請する        (手向山八幡宮)
752 天平勝宝 4 東大寺大仏開眼する。
781 天 応 1 誉田別命に、護国霊験威力神通大菩薩の尊号が上る
783 延 暦 2 神託により、八幡大神の法号に自在王の号を加えられる。
804 延 暦 23 最澄・空海、渡唐安全を宇佐神宮に祈る
962 応 和 2 八幡神は、釈迦三尊垂迹の説 生まれる
1110〜1113 天永年中 八幡神、本地を弥陀に改める
1577 天 正  5 塩浪館(姫路館)城主大衡治部大輔宗氏が本丸内に

八幡大神を鎮座する

1579 天 正  7 塩浪館(現大衡城)家老瀬戸和泉氏が大衡字金谷に神明社を創建する
1581 天 正  9 大衡紫庵 大衡字楳田に寺を開山(12月8日)。仙台輪王寺六世は当時伊達藩内を転々として布教していた 大衡字松本に鎮座されていた八幡神社を湧き水がでる清らかな地である現在の八幡神社の場所に移設し、神社の跡地に昌源寺を建立した櫻木家の先祖三明院昌元の知恵が語り伝わる。

※昌源寺の現住職の家系は三明院元詠僧侶の弟子で元詠氏が明治2年に神職に転じた後の後継者血筋である。(昌源寺の歴史を檀家役員の一員が改ざんした形跡があるので記する)

※三明院昌元住職の菩提地は大衡村松本地にある。

1585 天 正 13 伊達家祈祷僧に良覚院快真(戸田家の祖)が就任する
1590 天 正 18 豊臣秀吉天下統一

伊達藩により黒川所領の塩浪館(現大衡城)が落城する

落城後の塩浪館の御祭神を現在の昌源寺敷地内に創建する
1603 慶 長  8 徳川幕府が開かれる
1618 元 和  4 鶴巣の八幡神社を黒川総鎮守吉岡八幡神社とする。
1631 寛 永  8 京都聖護院本山流(天台宗)良覚院快真の嫡子有真(19才)が戸田定隆と改め、大衡村竹之内に着任する

導師三明院昌元も大衡字松本の松本屋敷に移住する

1639 寛 永 16  

戸田長五郎定隆が導師三明院昌元(昌源)に命じ、災害で荒廃した大衡村楳田地の寺を大衡村大衡字松本地に移築し、昌源寺と命名する。

※大衡字楳田に開山した寺を、後に昌源寺と命名し曹洞宗の寺を開山する。曹洞宗として開山した理由は八幡神社の祭神である應仁天皇=八幡大菩薩が曹洞宗本山に埋葬されているからとの伝えがあり

 

1662

 

寛 文 2

伊達藩修験良性院僧都 三明院昌元(昌源)が京都聖護院より免許状授かる(社家貯蔵)
1672 寛 文 12 大瓜村・吉田村・加美郡と境で争う。
1674 延 宝 2 旧大瓜村(大瓜字八幡)に大瓜八幡神社が勧請される (10月)。
1677 延 宝 5 大瓜村と色麻村の百姓が塚で争う 早坂与平次が大瓜八幡社に鐘寄進する。(別当 早坂久兵衛)
1683 天 和 3 導師三明院昌元(昌源)が前年の江戸火災祈祷のため庚申供養塔を建立する(8/21)(村内最古の庚申塔 「庚申侍供養敬白」「導師 三明院」と刻しされている。)
1688 元 禄 1 願い主戸田長五郎勘太郎・女3人が厨子・弓・刀・太鼓を八幡神社に寄進する。(神社貯蔵)
1690 元 禄 3 三明院昌元等が庚申供養塔を建立する。
1697 元 禄 10 戸田長五郎定隆・同勘太郎が供料として祭田350文を寄進する(神社の墓地付近)
更に戸田長五郎定隆・同勘太郎が神璽三神(天照皇大神・白山権現・妙見菩薩)を奉安する。
1700 元 禄 13 導師三明院正圓等が元禄11年江戸大火災祈祷のため庚申供養塔を建立する
1710 宝 永 7 伊達藩修験良性院僧都 三明院昌元が京都聖護院より権大僧都の免許状・桃地結袈裟の免許状・院号の免許状(社家貯蔵)を授かる (7/25)
1712 正 徳 2 伊達藩修験良性院僧都 三明院昌元が京都聖護院より法院の免許状(社家貯蔵)を授かる (7/26)
1713 正 徳 3 伊達藩修験良性院僧都 三明院昌元が京都聖護院より金襴地結袈裟の免許状(社家貯蔵)を授かる (7/2)
1722 享 保 7 石塔 梵字を三明院正圓が建立する
1740 文 元 5 石塔 梵字を三明院正圓が大衡村五反田に建立する
1745 延 享  2 石塔 梵字を三明院正圓が大衡村竹之内に建立する
1754 宝 暦 4 京都聖護院より桃地結袈裟の免許状(社家貯蔵)を三明院有観が授かる (7/25)
1766 明 和 3 京都聖護院より四十九村頭襟頭の免許状(社家貯蔵)を三明院祐観が授かる (6月)。
1774 安 永  3 石塔 庚申供養を三明院祐観が大衡村鍛冶屋敷に建立する(3/7)
大衡村人数帳に大衡村松本屋敷(現在の衡下地区) 本山流山伏三明院と記す記録がある
1779 安 永  8 安政の餓死等飢饉が続く時期に「八幡宮」の扁額が奉納される
1780 安 永 9 三明院秀坊 安永の餓死供養・麻疹流祈祷で本宗京都聖護院へ上る(これより法院の跡継ぎが成長するまで八幡宮別当が不在となる。)
同時期に法院が昌源寺にも念仏供養塔を建立する
1783 天 明 3 天明の飢饉発生する
1805 文 化 2 三明院元歓の子、三明院元諄生まれる (明治より櫻木元諄と名乗る)
1818 文 政 1 京都聖護院良性院僧都 三明院正善が八幡宮を改築し再興する。
1822 文 政 5 前年の吉岡村大火事祈祷のため「庚申供養塔」を法主三明院が建立する (8/19)
1823 文 政 6 塩浪八幡宮を遷宮する(村肝入 栄之助 組頭 太右衛門 ・工師 吉岡中町 善吉)
1828 文 政 11 三明導師等が麻疹流行を鎮める為、石碑「像頭山(ぞうずさん)」を建立する
1849 嘉 永 2 三明院導師が石碑「湯殿山」を建立する (4/8)
1858 安 政 5 別当三明院元諄が白崎神社・稲荷神社を建立する (11月本地供す)
1860 万 延 1 石碑「庚申供養塔」導師三明院が建立する
1864 元 治 1 別当三明院元諄等が熊野神社(7/26)・笠上神社(6/26)を建立する (本地供す)
1864 元 治 1 導師三明院元諄が石碑「甲子」を建立する(11/27)
1869 明 治 2 三明院別当櫻木元詠が明治政府に神官への復職願をする
1870 明 治 3 神仏分離令により神社から修験僧がはなれる

昌源寺住職を三明院から弟子に移管する。

( 現在の住職高橋家)

高橋の姓も三明院の妻の実家の姓を名乗らせる)

1872 明 治 5 修験道廃止される
1873 明 治 6 大衡村の村社に大衡八幡神社・大瓜村の村社に貴船神社が列せられる (3月)
1883 明 治 16 神官附属世話人櫻木肥内他有志が石段造成をする (4/15)
戸長 工藤利四郎・ 工受負世話人 瀬戸甚右衛門・工人 永野父治郎
1885 明 治 18 国道四号線道路拡張に神社所有地(蕨崎)を提供する
1893 明 治 26 役場が中屋敷96地内に移転する 社家が松本屋敷から中名屋敷に移転し、生計の為櫻木米穀店を開業する
1894 明 治 27 神官附属世話人櫻木肥内他有志が石碑「蓬莱山」を建立する
1903 明 治 36 大衡村誌(布施千造著)に八幡神社歴が記述される。(一部記載誤り有)
1908 明 治 41 旧大衡村の7社を合祀する (12/21日)
下大瓜の6社を大瓜八幡神社に合祀する (4/25日) 
1909 明 治 42 金谷神明社・二渡神社を合祀する(5/15日)
1910 明 治 43 社家の長男櫻木誠が神職祭式修了證を授与する
1914 大 正 3 ドイツ国宣戦布告祭斎行する(8/23日)
大衡小学校新庁舎落成を斎行する
1915 大 正 4 大瓜八幡神社の社掌に櫻木誠が任じられる (2/19日)
大衡八幡神社の社掌に櫻木誠が任じられる (5/12日)
1917 大 正 6 石造鳥居を奉納する
1923 大 正 12 大衡八幡神社・大瓜八幡神社が神饌幣帛供進神社に指定される
1926 大 正 15 八幡50番地に社務所に社家が移住する(社家が中名屋敷から移住する為 留守役の佐藤恭市氏の家族、漆田入口の櫻木の土地に移動する。中名屋敷は櫻木米穀店の弟子に移譲する)

櫻木家の所有地(八幡50番地)を大瓜・石川とく様が購入し、石川とく様が神社に奉納する(7/3))

大正天皇の御平癒祈願式を斎行する(11/17・18)。

1928 昭 和 3 社掌 櫻木誠が大禮記念章を授与する
1936 昭 和 11 国道4号線改良工事始まる 社有地を国に提供する
1936 昭 和 11 社家の長男、櫻木誠三郎氏 国弊中社志波彦神社鹽竈神社の実務練習生となり神職資格を取得する(4月1日)
1939 昭 和 14 神職櫻木誠三郎氏 徳島県国幣中社に出仕し奉職する(5月1日)
1940 昭 和 15 神職櫻木誠三郎氏 宮城県塩竈市に出仕し奉職する(1月10日)
1940 昭 和 15 神社庁より感謝状を授与する
1939 昭 和 17 神職 櫻木誠三郎氏北海道に出仕し奉職する。(8月5日)
1946 昭 和 21 神社本庁に宗教法人八幡神社代表櫻木誠氏の名を届出する
1948 昭 和 23 神社本庁から神職櫻木誠三郎氏が権禰宜に任ぜられる(12/30)
1953 昭 和 28 日本国より宗教法人八幡神社の認証授かる
1955 昭 和 30 大衡村平林に昭和天皇をお迎えし第6回全国植樹祭(4/6)が開催される 櫻木誠宮司が植樹祭祝詞を謹書し奏上する
1956 昭 和 31 神社本庁より櫻木誠三郎氏が宮司代務者を任ぜられる。
1967 昭 和 42 大衡村より土地払い下げされる (原野126.32㌶)
 

1968

 

1971

 

昭和 44年

 

昭 和 46

 

櫻木満氏 東京の大学に進学する

 

神社本庁正階検定に櫻木満氏が合格する

 

1972

 

1983

 

昭和 47

 

昭 和 58

 

,禰宜の櫻木満氏 ジャスコ㈱に入社し

愛知県小牧店に配属される

 

すばらしい大衡を創る会南部コミュニティが子供会を結成し

子供神輿渡御を斎行する

1987 昭 和 62 神社本庁より大衡・大瓜八幡神社の宮司に櫻木誠三郎氏が任ぜられる
1988 昭 和 63 神社本庁より大衡八幡神社の禰宜に櫻木満氏が任ぜられる
1996 平 成 8 神社の総合計画が役員会で承認され、禰宜櫻木満氏が宮司代行に任じられる
1998 平 成 10 松川土木株式会社が幟り旗(一対)を奉納する
2000 平 成 12 役員会で、歳旦祭の行事として願い打上花火奉納することを決定する(1/1日)
2000 平 成 12 禰宜 櫻木満宅(1階を社務所として使用)と駐車場拡張事業が落成する (12/23日)
2000 平 成 12 氏子5名(細川宗三郎・遠藤幸一・渡邊やす子・川名貞夫・富永  )が秋季例大祭日に石造旗立てを奉納する(9/14日)
2001 平 成 13 秋季例大祭に、敬宮愛子内親王殿下誕生記念の石造狛犬(一対)を奉納する(櫻木誠三郎宮司・瀬戸病院院長ご夫妻)
2002 平 成 14 櫻木誠三郎宮司 帰幽する(12月7日)
2002 平 成 14 秋季例大祭に禰宜櫻木満がお守り頒布所を奉納する
2007

 

2006

平成  17

 

平 成 18

禰宜の櫻木満氏 イオン㈱(ジャスコ㈱)を退社する

 

本殿・拝殿の屋根修理事業の落成する

2006 平 成 18 神社ホームページを開設する
神社本庁より櫻木満禰宜が宮司代務者に任ぜられる
2007 平 成 19 渡邉要治総代より防風ネットの奉納ある(12/28日)
2008 平 成 20 第12回 神宮式年遷宮奉賛活動を開始する。
2008 平 成 20 鶉橋春治総代より湧水所の池の造成奉納ある
2009 平 成 21 宮司櫻木満より親子亀石造の奉納ある (9/14)。
2010 平 成 22 社名入り案内看板(二基)の奉納ある (4/14)。

奉納者 総代鶉橋春治 代表役員 櫻木満

2011 平 成 23 東日本大震災(3/11) 石造鳥居がゆがむ
2011 平 成 23 3/26日より宮司・職員・有志で東日本大震災復興ボランティア活動する。通算28回。(南三陸・石巻・気仙沼・東松島・多賀城・若林区・亘理・名取)
 2011 平 成 23 秋季例大祭と東日本大震災復興祈願祭を斎行する(9/15)
 2012 平 成 24  

 

東日本大震災復興事業 石鳥居修理事業の落成する

鶉橋春治・伊藤勝衛・櫻木満が橋拡張工事の落成する (12月31日)

 2013 平 成 25 神宮大麻暦頒布向上の神徳宣揚で宮司櫻木満 神宮大宮司表彰を授与する (9月6日)

衡上地区氏子 亀谷汎美より奉納された池造成用石(四トン)で湧水処に鯉飼育用池落成をする。【造作者】 鶉橋春治総代 櫻木満宮司 【石設置者】 責任役員5名(渡邉要治、織田久栄、堀籠敦、須藤栄一、早坂豊弘各位)

【鯉・金魚及び飼育設備奉納者】総代 本間宗夫(金20万円也)

2014 平 成 26 兼松日産農林株式会社より奉納の丸太材木(直径20cm長さ6m 48本)を利用し、女坂道の整備を落成する
秋季例大祭期間につつじ・紫陽花の記念植樹奉納する。(特別奉納 総代本間宗夫氏より紫陽花・ユリ科球根80株)
2015 平 成 27 女坂道に花壇造成を落成する。(奉納者 鶉橋春治責任役員 櫻木満宮司
掲示板一基奉納する
2016 平 成 28 秋季例大祭で幟旗奉納される
大衡運送株式会社 代表取締役社長 千葉一生殿、有限会社 大和大和電工 代表取締役 赤間 森殿、 株式会社 松川土木 代表取締役 松川利守殿、 神社役員総代一同
2017 平 成 29 東門 鳥居奉納(宮司櫻木満殿・責任役員鶉橋春治殿)
2018 平 成 30 伊勢神宮の大大麻と中大麻の頒布400体(県内神社の27%程)

つきなみ祭斎行

女性霊媒師の採用(霊視鑑定と除霊祈祷)

2019 平 成 31

令和 1

稲荷社奉納
2020  令 和 2 佐々木春樹殿(岩手県)より境内地の砂利敷奉(30t)

コロナ対策で元旦花火打上奉納中止

2021  令 和 3 透ユリ300本奉納。稲荷社周囲に植栽する。(奉納者黒澤悦子殿)
2022  令 和 4
2023  

令    和 5

 

2024 令    和  6
2025 令    和  7
2026 令    和  8
2027 令    和  9

 

2028 令    和 10
2029 令    和 11
2030 令    和 12
2031 令    和 13
2032 令    和 14
2033 令    和 15
2034 令    和 16
2035 令    和 18
2036 令    和 19
2037 令    和 20
2038 令    和 21
2039 令    和 22
2040 令    和 23
2041 令    和 24
2042 令    和 25
2043 令    和 26