家 祓 い (やばらい)

 

家(部屋と敷地)が背負っている負の気や霊的なもの

浄化する作業で、東西南北を守護する神々に

守護していただきましょう

  東方は水火の災を除き

  西方は怨敵の難を退け、

  南方は衆病を消除し

  北方は夜叉の害を除かしむ

  作業です

新築・中古に関係なく お住まいの空間を清らかにしましょう

 

 式典例) その1

 

  式典例) その2

家祓い をするタイミング  

  ◆新築・中古をとわず入居前にしましょう。

  ◆仏壇があるご家庭は引っ越し前に「家祓い」を行い、

   仏壇から先に家に移設しましょう。

  ◆神棚と仏壇があるご家庭は、引越前に新居で

   「神棚祭 兼 家祓い」を執り行い

   その後に仏壇から引越ししましょう。

 祈祷料   個人 30,000円 より

  会社 40,000円 より

神饌品 【神饌品】 米・酒・尾頭付き魚  野菜 ・ 果物 ・ 塩 等      

 ※お供え物は、施主様が直会 ( なおらい ) としてにお持ち帰りる作法です。

※お供え物は、施主様に御用意いたただきます。できない場合は当社で準備します。

   (  初穂料 6,000円 )

祭  具  ※祭具品は上級セットをご用意できます

※神棚設置を兼ねる御祈祷は、天照皇大神宮(大大麻)と

   氏神神社の御神札で執り行います

※仏壇をお持ちのご家庭は、神棚設置をお勧めします